住宅型有料老人ホームが注目を浴びている理由

介護サービスのイラスト

介護についてのおすすめ情報

介護

住宅型有料老人ホームの良い点

住宅型有料老人ホームには様々なメリットがあります。こちらのページでは、その他の老人ホームにはない住宅型有料老人ホームの良さについて説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

READ MORE
男性

住宅型有料老人ホームの選び方

老人ホーム選びはとても重要です。施設によって備え付いているものが異なるため、しっかりと確認する必要があるのでしょう。老人ホームを契約する前に必要なことをこちらのページでまとめています。ぜひチェックしてみてください。

READ MORE

よくある質問

住宅型有料老人ホームはこれまでの老人ホームと何が違うの?

これまでの老人ホームでは介護士が常に付いていてくれましたが、住宅老人ホームでは、自宅のように生活を送りながら、介護に関しては自分で外部のサービスと契約をして、利用するものになります。違いを挙げるのであれば、先ほど説明した介護のサービスの仕方と入居条件、必要となる費用は全く異なるのです。

口コミ情報まとめ

広島の住宅型有料老人ホームに住んでいます。

住宅型有料老人ホームは様々な人と巡り合うことができます。これまで1人で生活してましたが、この情報を聞いてすぐに入居を来ました。今では友達がたくさんできてとても楽しいです。

外部の介護サービスを活用しています。

住宅型有料老人ホームでは、外部の介護サービスと契約するため、自分の好きなタイミングで来てもらうことができます。周りにいろいろな人がいて、とても楽しい毎日を過ごせています。

いつも介護サービスに通っています。

介護付の老人ホームがいっぱいだったので、今回住宅型有料老人ホームに住むことを決めました。最近では、住宅型有料老人ホームでも介護サービスを提供しているところもあるそうですよ。

子どもに迷惑かけたくないため、住宅型有料老人ホームに入居しました。

仕事で遠方にいった子どもがいます。中々会うことが出来ないけれど、毎日私のことを心配してくれて電話をかけてくれるの。いろいろ考えて、子供の心配を少しでも無くすために今回介護士が常駐している有料老人ホームに引っ越しました。たまに会いに来てくれて、それが生きがいになっています。

住宅型有料老人ホームについて

介護

入居条件

住宅型有料老人ホームの入居条件は、年齢60歳以上で、介護を必要とされない元気な方という形となっています。しかし、介護士が常駐している老人ホームの場合は要介護認定のある方でも入居することができるのです。施設によって、入居条件が異なるので確認しておきましょう。

かかる費用

入居費用に関してはもちろんかかりますが、介護付き有料老人ホームと違って住宅型有料老人ホームは自分が必要となる介護費用だけを負担するだけで済むのです。介護付きの場合は常に費用がかかるため、住宅型有料老人ホームの方が費用を抑えることができます。

イベントが多数!!

住宅型有料老人ホームには入居者が楽しんで生活することができるように、様々なイベントが行われているのです。さらに、娯楽を楽しむことができる施設もあるため楽しく生活を送ることができるのです。

広告募集中